子供達の活動・『ファンドレイジング』寄付金集め

スポンサーリンク

チョコレートミントのクッキーを買いました。

アメリカらしい、甘いクッキーに

さらにチョコレートのコーティングがしてある激甘のクッキーです。


f:id:ALOHAbyZOOM:20190831100357j:image

 甘いので塩っぱいスナックと交互に食べるとエンドレスで食べれます。


f:id:ALOHAbyZOOM:20190831100348j:image

スーパーに買い物に行ったらスーパーの外で

子供達が『ファンドレイジング』と呼ばれる活動をしていました。

ファンドレイジングにもいろいろありますが

私がよく目にするのはクッキーやドーナツなどを販売して寄付を募るもの。

 

日本では馴染みのない『ファンドレイジング』。

自分たちで集めたお金で学校や習い事の行事や必要なものを買う費用の

資金を集めるための大切な活動です。


f:id:ALOHAbyZOOM:20190831100314j:image

子供達から『買ってください』と言われると断れず…

つい買ってしまいますがクッキーは5ドルと少し高め。

他にもドーナツやチョコレートなどいろいろありますが5ドル〜15ドルぐらいと高めです。

でも、子供達が頑張っている姿をみると応援したくて、つい買ってしまいます。


f:id:ALOHAbyZOOM:20190831100325j:image

2ドルのハムを買いにスーパーに行っただけなのに

『ファンドレイジング』に出会ってしまったため、クッキー5ドルも購入。

 

日本だと、こういう活動をしていてもクッキーやドーナツを買うということはなく

好きな金額だけ寄付するという感じですが

アメリカは決まった金額のものを購入し寄付します。

クッキーは激甘でしたが子供達の役に立つ資金なので

クッキーの美味しさは関係ありません。

 

f:id:ALOHAbyZOOM:20190905032348j:plain

とはいえ、甘すぎるクッキーに納得いかず

美味しいクッキーを求めてホールフーズに行き

黄色い車のスマイリーフェイスのショートブレッドを購入しました。

さすが!ホールフーズ、甘すぎず美味しいです。

 

子供達の大切な勉強の資金作りのクッキーと自己満足のためのクッキー。

自己満足のショートブレッドは見た目、味、金額、全て納得のものでしたが

時々は誰かのために寄付をして買うクッキーもいいものです。